足湯に入りながらカフェ?!ダブルで癒される!|茶の湯 奈良・ならまち


今日は奈良のならまちにある、『足湯に入りながら』カフェが出来る、茶の湯さんに行ってきました!

足湯に入りながら、美味しいランチを頂ける茶の湯さん。奈良ならではのユックリとした時間の流れる、癒しの空間になっていました(^_^)

ならまちの少し入ったところにあります

茶の湯さんへは、ならまちの町をグングン進んで、細い路地を入ったとことにあるのでちょっと迷いやすいです。

 

茶の湯さんの入り口には、まるで銭湯のような暖簾がかかっています。

閉まっていても開いています

暖簾をくぐるとそこには靴箱があります。その先のドアは閉ざされているのですが、これでもオープンしています。

マスター曰く、扉が閉まっているのを見て帰られる方も少なくないのだとか。

このような状態でも、勇気を出して入ってみましょう。マスターがあたたかく迎えてくれますよ(^^♪

中はアジアンテイストで癒しの空間

さて、勇気を出してお店の中を進むとテーブルとカウンターがあります。

今回はカウンターに座りました(^_^) カウンターの上には、インドの物と思われる置物や、観葉植物がたくさん並べられてます。

お店の中に漂うお香の香りと相まって、独特の世界観が広がっています。

お店の中は、いい感じで薄暗く過ごしやすいです。本が読める程度の明るさです。

ガネーシャっぽい置物です。このような置物がたくさん並んでいます。

いよいよ足湯がやってくる!

さて、通常のカフェではコーヒーやご飯がやってきますが、ここは違います。

そう、足湯がやってくるのです(^_^)

お湯加減は少しあつめ。冬場だったので、足が冷えていたのでしょうか。中には宇治茶の葉っぱや、まるい石が入っていてマッサージ効果があります。

猫の置物が見つめる中、足湯を楽しみます(^_^)

ランチはボリューム満点で健康的

さて、次は待望のランチプレートです!!

メインのプレートに玄米ご飯、なめこの味噌汁、ヨーグルトがつきます。

メインのプレートをアップで見てみましょう!

たくさんの小鉢に和風のごはんがたくさん乗っかっています。ランチは数量限定で、お料理の内容は日替わりのようです。

私が訪れた日は、豚を甘辛く煮たものがメインディッシュでした。味付けはどれを取ってみても、ばっちりです(^^♪ ご飯に合う豚肉から、お口の中がさっぱりとする酢の物など、普段和食を食べる機会が少ない方にはうれしいですね( *´艸`)

アクセス方法

茶の湯へは近鉄なら近鉄奈良駅から、JRならJR奈良駅から徒歩で約15分です。茶の湯さんへ行く道には、おしゃれな雑貨屋さんや商店が多く並んでいます。

茶の湯さんを楽しんだ後は、おしゃれな街並みを楽しみながらお散歩してみてはいかがですか?

少しややこしい場所にあるので、スマホ片手に行かれることをオススメします。

今、京都は国内外からたくさんの観光客の方が訪れていて人でごった返しています。穴場の奈良県なら、京阪神からも電車一本でいけますので、本当にゆっくりとしたい方!心を癒しにならまちへ行ってはみませんか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です